小学生、中学生の野球少年が身長を伸ばすには?

野球をしながら身長を伸ばす生活習慣は?

 

顔の形や体質は親からの遺伝の影響を受けており、身長も遺伝の影響を受けていると考えられています。

 

実際に両親もしくはどちらかの親の身長が高いと、その子供も身長が高い傾向にあります。しかし調べてみると遺伝が身長の伸びに与える影響は、2割から3割程度しかないのです。

 

遺伝以外の影響の方が大きく、残り7割は環境によって身長アップするかどうかが決まってくるのです。つまり身長アップには身長を伸ばしやすい環境を以下に作っていくかどうかが重要ということになります。

 

身長が伸びるためには骨を成長させることがポイントになってくるのですが、この骨の成長が起こるのは主に睡眠中です。

 

 

身長アップのためには質の良い睡眠をとれるかどうかにかかっているといっても過言ではないのです。骨の成長を促してくれるのが成長ホルモンなのですが、これが最も多く分泌されるのが夜10時から2時の間です。

 

この間に質の良い睡眠をとることで成長ホルモンが活性化し、身長の伸びが期待できるのです。

 

また睡眠中だけでなく運動中にも成長ホルモンが活性化することがわかっていますので、身長の伸びが期待できる時期は子供に積極的に運動をさせたほうがいいのです。

 

そして睡眠ととともに欠かせないのが栄養素です。身長が伸びる仕組みは骨の両端になる軟骨細胞が増えて骨を伸ばしてくれるのですが、骨を作る元となるたんぱく質やカルシウムといった栄養分が不足してしまうと、十分な骨の成長が期待できなくなってしまいます。

 





 
ホーム 野球の痛みお悩み解決集 東京のスポーツクラブガイド