強肩の野球少年を育てるには?

強肩な野球選手になるにはどうしたらよいのか?

 

野球を初めて真剣にプレーするようになればなるほど、強肩、強打には憧れます。投球という動作はピッチャーやキャッチャーだけでなく全野球選手にとって大切なことです。
個々のサイトに方々は、理解できていると思いますが肩が強いということは投手だけでなく、ほかのポジション、キャッチャー、外野手に必要な能力になりますので、肩が強いというだけで出来るポジションは俄然、多くなります。

 

 

では強肩になるのにはどうしたらよいのでしょうか?

 

最初は投球フォームをチェックしてください。しっかりストレッチをして、股関節、肩を柔らかkするのですが、例えば開脚のストレッチをした際に骨盤を立てたり、寝かしたりが自由にできるぐらいの柔らかさがないと、上半身はいくら素晴らしい
フォームができていたも、全身を使って投げることができません。

 

筋力を上げなくてもフォームをしっかり見直すだけである程度と遠くに投げられるようになります。投球は肩だけでなく、下半身、上半身をうまく使えれば投げられるようになるので、シャドウピッチングをして上手くできたら、友達に診てもらったり、ビデオを撮ったりして
確認していってください。

 

次は筋力です、もし本格的な筋力トレーニングをしたことがないのでしたら、ランニングから入り、チューブトレーニング、マシントレーニングと進んで行くのが良いと思います。実は、ダンベル、バーベルを使用したトレーニングの方が
効果は高いのですが、正しいフォームで行わないと、効果がないどころか筋肉や腱を痛めることがあります。

 

近くに経験者がいるのでしたら、フォームを教えてもらうか、トレーナーに正しいフォームを教わってください。
背筋を来るのが、投手であれば球速を上げるための背筋を中心とした筋トレが良いのですが初心者の場合は、まず、全身のトレーニングから始めてください。

 

強肩になれば、投手だけでなく、野手だとしてもそれだけで魅力的な武器になります。あくまで肩に無理のない負担に収まる範囲で、全身トレーニングから始めてください。
ある程度上達したら、ボール上手に力を伝達できることを意識してボールを投げるようになりますよ!!

 

 

 

 

3.



 
ホーム 野球の痛みお悩み解決集 東京のスポーツクラブガイド